「致命的なミス」と書かれた資料を忘れる致命的なミス

ユーザ先で資料を忘れる

業界に関係なく、訪問先などで資料を忘れて、自分から連絡を入れたり、相手方から連絡を受けたりしたことはあるのではないでしょうか。

ましてや、公になると宜しくない資料だと、相手方に注意を受けたり、上司から叱責を受けたりする事もあるでしょう。

十数年前より、個人情報などはより気密性の高い情報と位置づけられ、取扱いが厳しくなっています。

私もとある自治体で利用されるWindows系PC千台以上に付けられているAdministrator権限のパスワードが書かれた資料を作業室に忘れてたことがありました。

その時は、翌日まで気がつかず、作業の続きを行う為に訪れた時に、忘れていたことに初めて気がつきました。

今後の為にも、自戒の意味を込めて、この画像を付けました。

機器設定や仕様が書かれた資料内に「致命的なミス」と書かれています。この資料は何方かが忘れていつまでも放置されていたようです。

「致命的なミス」と書かれた資料を忘れる致命的なミス 

とならないように、訪問先や作業先での資料忘れには十分気をつけましょう!

Speak Your Mind

*