「都道府県型JPドメイン名」新設と欠陥ドメインとなる可能性

「○○○.miyazaki.jp」のような全国47都道府県の名称を含むドメイン名空間

地域型JPドメイン名の新規申込が終了するのに伴い、新たに新設されたのが都道府県型JPドメイン名

JPRSのプレスリリースによると、日本国内に住所を持つ個人・組織であれば、いくつでも登録が可能であるとのこと

第三レベルドメイン(○○○.miyazaki.jpの「○○○」部分)はASCII・日本語のどちらでもOK

登録申請は2012年11月19日(月)から開始

2012年11月以前に、優先登録申請が2012年7月16日(月・祝)から2012年8月19日(日)まで、同時登録申請が2012年9月17日(月・祝)から
2012年10月21日(日)まで行われるようです。

地域性を発信したいサイトなどに付けるにはもってこいなドメインになるのではないでしょうか。

良い事ばかりのようだがそうでもなさそう

都道府県型JPドメイン名に関して、ちょっと気になる情報がある。

簡単に書くと、都道府県型JPドメイン名を利用された場合、ブラウザによってはcookieが利用出来ない欠陥ドメインになるということだ。

JPRSに対して、公開質問状を送っているようだが、回答があったかどうか不明。

昨今、ICANNが新しいTDLを急激に増やしていることが問題なのではと考えてしまう。

ともあれ、都道府県型JPドメイン名に限らず、新TLDを運用する際には、少々気をつける必要があるのではないでしょうか。

新TLDでは、DNSを登録したにも関わらず、メールが出来ないやアプリケーションが使えないといったような事が起こらなければいいのですが。

Speak Your Mind

*